女性

幼稚園教諭になるなら大学に通ってスキルを磨こう!

会社や従業員の安全を守る

女の人

たくさんの従業員を抱える大企業では、必ず衛生管理者という資格を持つ人が在籍していなければなりません。衛生管理者とは、簡単にいうと従業員の安全を守る役目を担っている人です。50人以上を超える従業員数を持つ企業では、一人は必ず設置しておかなければならないという決まりがあります。多くの人数を抱える企業になればなるほど、ケガや病気などを引き起こす危険性が高くなるのです。万が一、従業員がケガや病気で倒れてしまったときに、この衛生管理者の資格を持っている人が対処していかなければならないのです。また、衛生管理者の仕事は、従業員の安全を守るだけではありません。他にも、地震や台風などの自然災害が発生した場合にも先導を切って、安全管理に身を投じるという任務があるのです。衛生管理者は、会社や従業員の身の安全を守るための重大な役割を持つ人なのです。

衛生管理者の資格を得るには、試験に合格しなければなりません。衛生管理者の資格試験には、第一種と第二種という二種類のタイプがあります。第一種は全般的な職種の中で適応する事が可能となる資格です。一方で、第二種は特定の職種のみに適応できる資格になります。第二種の資格が適応される職種は、情報通信業、金融関係、卸売や小売業などのものになります。これらの職種についている場合だと、第二種免許でも衛生管理者としての役割を果たすことができます。しかし、この資格を取得するには少なくとも衛生管理者としての実務経験が1年以上は必要になります。実務経験がない場合は、試験を受けることができませんので注意しましょう。この資格は、今現在保有している人が極めて少ない状況となっています。そのため、資格保有者は就職の際に非常に有利となるので、興味のある人はぜひ試験を受けてみるといいでしょう。

Copyright© 2016 幼稚園教諭になるなら大学に通ってスキルを磨こう! All Rights Reserved.