女性

幼稚園教諭になるなら大学に通ってスキルを磨こう!

資格を取得しよう

男性女性

大勢の従業員を持つ大企業には、衛生管理者という資格を持つ人を必ず置くことが義務づけられています。衛生管理者とは、会社の安全を脅かす緊急事態が発生した場合などに対応する役目を担っている人物のことです。この資格を得ると、様々な役割を任されます。衛生管理者の主な仕事内容は、総括管理、作業環境管理、作業管理、健康管理、労働衛生教育などといったものになります。従業員が職場でケガや病気などで倒れてしまった場合の対処や、地震などの自然災害などで避難をする場合の指示などといったことを行なっていきます。そのほか、従業員に対しての安全管理教育を行なう役割も担っているのです。会社や労働者の安全を守るための様々な仕事を行なっているのが、衛生管理者というものなのです。

衛生管理者として、企業に務めるには資格試験を受けて合格することが必要になります。資格試験には、二つの種類が存在します。第一種と第二種と呼ばれ、それぞれ内容が異なります。第一種免許は、全般的な職種で衛生管理者としての資格を活用することができます。そのため、勉強する内容も非常に広範囲に渡っています。第二種試験よりも難問で、合格率が低いのも特徴となっています。その半面、第二種試験は資格を活用できる範囲に規定があります。主に金融業や情報通信業などで活用できる資格となっています。種類によっても対応できる業種に決まりがあるので、試験を受ける前にはきちんと内容を把握しておくことが大切になります。それぞれ自分の目的に合わせた内容の資格試験を受けるといいでしょう。

Copyright© 2016 幼稚園教諭になるなら大学に通ってスキルを磨こう! All Rights Reserved.